研究開発で加速する可能性がある投資

パナソニックの太陽光発電システムはトップクラスの発電量であります。
でも、現代では太陽光発電システムの需要が増えているため、いろんなメーカーが太陽光発電システムの研究開発を進められているのです。
そのため、今後、さらに発電量が高まっていく可能性もあります。
また、現在の太陽光発電システムは一基数百万円もするもので、投資の中では比較的初期投資が高いものです。
でも、太陽光発電システムの研究開発が進んでいくことによって、数十分の一の価格で購入できる可能性も秘められています。
現在では1kwが42円と売電価格が高めで設定されていますが、来年度からは年々下がっていくとも言われています。
でも、今後では太陽光発電システムの発電量が向上したり、購入価格が安くなったりする可能性も高まるはずです。
そのため、売電価格の高い今だけでなく、将来売電価格が下がっても利益を出すことができるようになり太陽光発電システムに投資していくことができると未来も決して可能性はゼロではありません。
また、発電量の増加や購入価格の低下以外にも、システムの小型化や蓄電池の改良や耐久性の向上など、いろんな面で性能が高まっていく可能性もあります。
未来にわたって太陽光発電システムを向上させていくためにも、今から積極的に投資していくことも肝心です。
何十年も先も安定的なニーズがあるとわかると太陽光発電メーカーもさらなる研究開発のために投資を行っていくことになるはずです。
つまり、太陽光発電システムは一般消費者だけでなく太陽光発電メーカーも投資していくことになります。
このように、個人でも企業でも投資が活発になっていけば、核廃棄物が排出されてしまう原子力発電や二酸化炭素排出してしまう火力発電とは違う、クリーンで安全な太陽光発電システムの普及率が高まっていきます。
日本だけでなく世界中の電力需要のバランスが大きく変化していく可能性もあり、世界が大きく変化していくきっかけになるかもしれません。